2017年12月12日火曜日

年の瀬です。

こんにちは、10期生の須田です。カレンダーを見て驚きました。もう年末じゃないですか…。早い、早すぎる…。気がつけば2017年も終わりに近づいてきました。最近はもっぱら卒業研究に向けて取り組んでいますが、いよいよ卒業シーズンが迫っています。季節は冬です。

ブログ当番は1カ月ぶりですが、前回のブログから様々なことがありました。

・コスモス祭 コザカイ組OB/OG会
・麗澤大学で行われたインゼミ
・まいちゃんズのゲームマーケット
・3年生の中間報告会

たった一ヶ月の間に本当に様々なイベントが立て続けにありました。

まず、OB/OG会です。OB/OG会の参加は在学生にして4回目という快挙。2期生の高橋さんには「まだ学生なんだよねw」なんて言われます。(はい、まだ学生でいたいです笑)
この日は久々に先輩方にお会いしました。特に9期の先輩たちはおよそ2年間にわたりずーっと一緒に活動してきたので久々にお話ができたことが何よりも嬉しかったです。後輩ポジションが長かった私は本当に先輩たちに育てられたと実感してます。中でも美香さんと小夏さんには先生と同じくらい、たまにそれ以上に厳しく指導されたものです。来年はOGとして参加するのが楽しみです^^


インゼミでは例のiTeachers Academyのリスティング広告についての研究を発表しました。先生がいないところでのプレゼンは実は初めて。結論から言いますと、先生がいないところでのプレゼンはむしろとても緊張しました…。

前回のブログではかなりヤバめなレーティングを記録していましたが、表示回数が増えてきました。リスティング広告はまるで「魚釣り」のようなものです。検索キーワードのトレンドを捉えると一気にクリック数を稼ぐことができますが、本当に引っかからない日は待っていてもクリック数が稼げません。卒論では自分が実際に運用してみて明らかとなったリスティング広告の効果とGoogle Ad Grantsのサービスそのものの実態をまとめていきたいと思います。そして、この内容で先生と一緒に学会にも参加します!精一杯努力していきます。

そしてまいちゃんズのゲームマーケット。当日行ってきました。私はデザインと箱の組み立てをお手伝い。100個の箱を1つ1つ糊付けして組み立てる作業はあまりにも地道でした(笑)アナログにとことん、こだわっていますね。まいちゃんズ、ゲームマーケットお疲れ様です。

そして、そして、3年生の中間発表会もありました。コザカイ組に入って1年経つ人、半年経つ人、半年ぶりに帰ってきた人、3ヶ月経つ人とそれぞれバラバラな経歴の3年生。個人個人で何をしているかは何となくでしか知らず、この日に初めて聞くような内容もありました。「すごいなぁ」と思う反面、実のところ所々喝を入れたくなる場面もあったりしました(笑)

最後には4年生を代表して先輩らしく3年生にアドバイスしました。各々に伝えたことは今まで自分がコザカイ先生や力丸先生、そして先輩、ゼミのお客様から言われたことばかりです。どの程度伝わったかわかりませんが、コザカイ組にいる以上、「ゼミに貢献する」という意識を特にこれから持って活動して欲しいですね。自分が卒業するまでに後輩にそういう部分を教えたいと思います。
(※態度や姿勢は本田が、飲み会スキルは田中が担当します笑)

学会まであと半月、卒論提出まで1カ月、発表まで2カ月、卒業式まで3カ月。怒涛です。体調だけは崩さないように気を引き締めていきます!

研究室で米を炊きました。年末も炊く予定です。

2017年12月9日土曜日

秋学期中間報告会!

こんにちは。
11期生の平田です。

昨日は秋学期の中間報告会がありました。
それぞれが現在の活動について発表しました。
小酒井先生、先輩方、そしてゲストの村上先生に
貴重なアドバイスをいただきました。

私は春学期に引き続き韓国について研究をしています。
村上先生からは、
韓国の歴史などバックボーンをもっと学んだ方がいい、とアドバイスをいただきました。
韓国語レベルをさらにあげ、韓国の教育に関して学んでいきたいと思います。

先輩方にはゼミにもっと貢献しましょう!とご指摘をいただき
改めて「ゼミに貢献する」とはどういうことなのかを考えて行動したいと思いました。

9月初旬〜11月初旬は「暗黒期」で思うように体と頭を動かすことができませんでしたが
そろそろ抜け出して、研究活動を進めていきたいです。
小酒井先生からiPad ProとApple Pencilをお借りしたので、有効活用していきたいと思います!
下の画像はApple Pencilで書いたメモです↓書きやすくて最高です。




さて、最近は教師虎の穴でロイロノート・スクールを積極的に使っています!
11月に行われた教師虎の穴ではロイロノート・スクールを利用して
動画教材を作成するワークショップを行いました。

動画教材のメリット・デメリットを全員で考えた上で、
工学部組は数学の問題の解説動画を、教育学部の学生は小学校英語の動画教材を作成しました。
私も数学の動画教材を作って見ました!

実際に動画教材を作って見て、作成には本当に時間がかかるなと感じました。
問題を深く理解しないと解説はできないし、解説の録音が一発で済むとは限らないのです。
つじつまの合う説明を事前に考える必要があります。
私も何度も撮り直ししました…笑
分かりやすい動画教材を作っている先生がたを尊敬します。
あと、録音した自分の声を聞くのが尋常じゃなく恥ずかしいので、そこにも慣れる必要があると思いました。

1月の教師虎の穴では教職課程の学生が模擬授業を行うといったワークショップです。
12月はそれに向けて準備を行います!
私は模擬授業で使う電子機器の手助けをする予定です。
どんな模擬授業になるのか楽しみです。

中間報告が終わり、私は明日のビッグイベントに向けて準備をしています!
詳しくは次回同期の相原がブログに書くと思いますので、お楽しみに!
それではまた来年お会いしましょう。良いお年を!

2017年12月6日水曜日

全力で進むのみ!

皆さんこんにちは。
11期生の中島絵美花です。

すっかり気温も下がり、冬になってしまいましたね。
秋学期も残り半分となり、こうやってブログを書くのも年内最後となりました。
今年も多くの機会をいただき、さまざまな活動をさせていただきました。
その中で自信に繋がるものもあれば、自分の課題点が浮き彫りになることもありました。
今年も残り少なくなりましたが、最後まで、これまで以上に全力で取り組んでいきます。

一か月半ぶりとなると、書きたいことがいっぱいあって、何から紹介しようか迷いますが…
まずは仙台プレゼンバトルについて振り返っていきたいと思います。
先月の5日、6日に視察として秋田県仙北市に行ってきました。
あきた芸術村ではわらび座劇場でジパング青春記を観劇して、小道具や大道具、デジタルアートファクトリーなど、さまざまなものをひひとつひとつ丁寧に案内していただきました。


こちらはジパング青春記の講演後に役者の方々と一緒に撮っていただいた写真になります。

 演劇を観るのは初めてだったのですが、こうやって役者の方々と写真を撮ったりお話したり握手したりできるのはとても珍しいと思いましたし、これこそがわらび座の良さだと感じました。
本番の仙台プレゼンバトルまで時間がわずかとなってしまいましたが、わらび座の良さを生かした案を提案したいと思っております。

そして仙北市はドローン特区になっているので、飛行許可が下りている場所でドローンを操縦してきました。


少し風があり、そんなに遠くまで飛ばすことはできなかったのですが、学校の記念グラウンドのときよりもはるかに遠くまで飛ばすことができました。
見失わないようにするのがとにかく必死でした(笑)
そして思っていた以上に飛行許可区域が広いことに驚きました。

最後に宣伝(?)をお話して終わりたいと思います。
来年度の学校紹介パンフレットで、学科の代表として出演していただけることになりました。
こちらは1階のアトリエで撮影したときの写真です。
卒論の作業をしている先輩方にもご協力いただきました。


そして、またまたPodCast番組Teacher’sCLIPの収録に参加させていただきました。
今回お越しいただいたのは、千葉県立千葉工業高校の片岡先生と、東京成徳大学中学校の和田先生でした。
公立でもICTの活動を盛んに行っている学校があるのは意外でしたし、英語が苦手な私にとってはICTの利用で英語能力を向上させることができるというのはとても驚きでした。

それではまた!

2017年12月3日日曜日

東京ビックリサイト











こんにちは、11期生の関屋です。早いものでもう2017年も最後の月になりました。プレゼンバトルと火星の発表に向けて時間と体調の管理を怠らないように気をつけたいと思います。

夏休みから度々 先輩方のボードゲームをプレイさせていただきましたが、ついに今日ゲームマーケットにて発売されました!国際ロボット展を抜けた一番奥にある東京ビックサイト7ホール。国際ロボット展に負けず劣らずたくさんの人が訪れていました。ゲームマーケットでは新作のゲームや、先行販売、ゲームマーケット限定品などゲームマーケットに来た人しか買えないものがたくさんあり、来場者は大きな紙袋やキャリーバックを持参していました。

下の写真はビルゲッツのブースの写真です。試作品のビルゲッツをたくさんプレイしてきましたが、製品版ビルゲッツは初期の頃よりも数倍おもしろくなっていて、須田さんのイラストが加わり更にかわいく、盛り上がるボードゲームになっていました!



下の写真はビルゲッツを試遊してる写真です。ボードゲーム会でお世話になった方もビルゲッツを買っていただいて、ボードゲーム会で製品版ビルゲッツをプレイする日が楽しみです。


みなさんYuMiを覚えていますでしょうか。7月に行われた成果報告会でインターンに行く2人の枠を決めるのにYuMi Cup 2017にて、YuMiを用いた協働ロボット活用のアイディアを考えました。その最優秀賞が国際ロボット展で発表され見てまいりました。


YuMi Cup 2017最優秀賞は立命館大学でした。基本的な働きとして、カップ組み立て、4つのカメラでワークを認識→ピッキングという形で、実際にドリンクを作っている動画も流されていました。おもしろいアイディアであり、なおかつ実用性があり最優秀賞に納得でした。

国際ロボット展のいろいろなブースを回っていて、見つけてしまいました。外観けんた君。いや、外見はYuMiですよ。笑  YuMiにカメラを付加しピッキング、検査、軽作業を可能にしていました。この他にもいろいろな方法でYuMiが活用されていて、YuMiのすごさを痛感しました。


最後に、東京ビックサイト前で開催されてきたハタハタフェスティバル2017という、全国有数の鰰の漁獲量を誇る秋田県と鳥取県が手を組んで地元の名物などをPRしていました。そこにプレゼンバトルの舞台、あきた芸術村の田沢湖ビールが出店していました!自分もあきた芸術村を盛り上げられるビジネスプランを提案できるよう更に気合いが入りました。冒頭でも触れましたが、時間と体調の管理に気をつけて、良い結果を出して新年を迎えたいと思います。

それではまた来年のブログでお会いしましょう。

2017年11月28日火曜日

火星人 part2

皆さんこんにちは。11期生の鈴木です。
つい最近まで暖かい日が続いていましたが急な冷え込みで体調管理に苦戦中です。


約1ヶ月ぶりのブログですが、タイトルにもある通り私も11月12日、25日に火星移住計画のワークショップへ参加してきました。前回の熊崎からのフリもあるので1回目の感想は割愛させていただき、2回目のワークショップについて書いていこうと思います。


2回目のワークショップは趣旨が「面白い取り組みをしている大学チームとのディスカッション」ということもあり、初回ほど人数は多くはなく、専門の知識が欲しい中高生が多く見られました。
内容は建築業者でもある大林組の石川洋二さんの火星移住のアイディアと準備についてのご講演があり、企業が真剣に考える移住計画案のイメージと必要なスペース、電力、食料などあらゆる分野で細かい設定が必要であるという印象を受けました。そのあとは東大、早大、東工大の学生によるパネルディスカッションと質疑応答が行われ、中高生はもちろん、大学生も様々な交流で情報交換をしていました。
他大学のチームの進捗を聞きつつ、必要な知識を企業の方との交流で取り入れることをメインに考え、ワークショップへの参加をしていたためあらゆる疑問点が解決でき、自分たちのアイディアの土台となる情報を固めることができました。

主催者の方は「自分たちのアイディアの魅力をどう伝えるか」が鍵になってくると言っていたのでアイディアはもちろんその伝え方にもこだわっていこうと思います。

それでは!



2017年11月25日土曜日

火星人

こんにちは。最近少しずつ視力が低下してきた11期生の熊崎です。
秋セメスターが始まり早くも2ヶ月が経とうとしてます。コスモス祭、OB・OG会が終わりコザカイ組では恒例のプレゼンバトルがやってきます。前回の伊藤のブログに書いてある通り、私も秋田へ視察に行ってきました。初めての夜行バス、初めての秋田、初めてのミュージカルと初めての体験ばかりでとても新鮮な視察になりました。集めた情報を基に勝てるプレゼンに仕上げていきます。
さて、プレゼンバトルと同時進行で行っている火星移住計画を考える「HP Mars Home Planet」では先日ワークショップが行われ、私たちも参加してきました。主催者側も予想を遥かに上回る参加者が集まった為、集合場所からバス3台を使って全員を移動させるというドタバタから始まりました。余談ですが、私たちの乗ったバスは狭い道でカーブする際にバスがガードレールに当たって大きな傷を作っていました笑
会場は日本HP様の本社で行われました。私事ですが、ドラマ「半沢直樹」の撮影で使われた社員食堂(食堂といってもテラスのような綺麗なところ)でワークショップが行われたので非常にワクワクしていました。
本題のワークショップですが、まずJAXAの方によるJAXAの取り組み、宇宙ステーションでの生活の紹介、火星の説明、そしてどのように火星で生活できそうなのかといった説明を講義して頂きました。JAXAの方の話が聞ける非常に貴重な経験となりました。
次に参加チームの自己紹介を行い、その後にチームメンバーをランダムに振り分けて4人グループでワークショップを行いました。テーマは「火星での移動手段」で50分間でポストイットを行い、最終的に模造紙のような紙でプレゼンを行うというものでした。


上の写真は私のチームが考えた火星での移動手段です。火星にある山の中にコロニーを作り、地球と同じように行動するという案です。上手く話し合いができず、思った通りのものが出来上がらなかったので非常に残念でした。プレゼンは全員できないので希望チームの中からジャンケンで勝った5チームがプレゼンをすることができ、運良くプレゼンできました。しかし誰でも考えられるひねりのない案だったので本番では革新的で引き付けられような案にしたいと思います。ちなみに別の班でプレゼンした鈴木のチームの案はおもしろいと褒められていました。
最後は交流会ということでチームごとにまとまり自由に行動し、私たちは火星のVR体験をして最後にJAXAの方と日本HPの担当の方に挨拶をして6時間のワークショップを終えました。
ちなみにこれはVRを体験している時の写真です。初めてVRをやりましたが、終わった後酔ってしまい気持ち悪くなりました笑

実はブログを書いている今日もワークショップに来ています。その内容は次回の鈴木にお任せしたいと思います。

最後に今後の研究についてですが、ようやく迷走も終わりが見えて薄らと光が見えるようになってきました。スタートが遅れた分しっかり取り返せるように活動します。

それでは!



2017年11月21日火曜日

現場主義

 こんにちは、11期生の伊藤です。昨日から急に寒くなったような気がします。11月も既に折り返しで、今年も残すところ1ヶ月半。一日、一日を大切にしていきたいです。
 さて、今回は私の研究活動であるらくらホールディングス様への新事業提案の途中経過と12月のプレゼンバトルについてお話ししたいと思います。

 では、私の研究活動から。

 10月30日に夏のインターンシップで提案した案をもとに、足りないものを加えた案をプレゼンしました。プレゼンはSkypeを使って行いました。Skypeを使ったプレゼンは初めてだったので、自分がどう映っているか、声はどのくらいの大きさが良いのかと分からないことが多く緊張しました。
 
 案はアプリを用いた個人向けの介護施設紹介サービス。夏に提案した案はこれに加えて、多くのコンテンツを組みこんでしまったため、自分で何がやりたいのかが分からなくなっていました。そのため、個人向けの紹介サービス一本に絞り、進めていきました。

 自分なりに全力に取り組んで作った案ですが、プロから見たらまだまだ・・・。らくらホールディングス様、先生から多くのご指摘を受けました。提示したデータの根拠や事業が長期的であるかなど甘い部分が多くありました。また、ターゲットである50代女性の実際の特徴のようなものをつかみきれていませんでした。先生から現場を見ずに作ったものなんて、ただの妄想だとお叱りを受けました。自分の考え、行動を改めなければいけないと思いました。

 日は変わって11月15日。Skypeにてらくらホールディングス様と会議を行い今後の進め方を検討しました。プレゼンのフィードバックもいただき、事業化に向けてより一層頑張っていきたいと思います。まずは、顧客の調査から改めて行っていく予定です。現場主義を忘れず活動していきたいと思います。

 続いて、12月に行われるプレゼンバトルについてです。先週の17日~18日に夜行バスを利用してプレゼンの題材となるあきた芸術村へ、同期の相原と熊崎、関屋と視察に行きました。題材となるあきた芸術村には、わらび座という劇団を中心に土地を活かした温泉や地ビール、ブルーベリー畑などの施設が集約されている施設です。
 現地ではわらび座の大信田さんに案内していただき、芸術村を調査しました。視察の中で劇を支える小道具や大道具に携わる方々のお話や芸術村内の施設で働く方々のお話を聞かせいただくことができました。実際に話を聞いてみると、芸術村の良いところや課題が見えてきて、現場の大切さを身に染みて感じました。吸収したものを上手く生かしていきたいと思います。
 
 また、わらび座の観劇もしました。現在公演中の「ジパング青春記」。非常に面白かったです。ミュージカルを見たのが初めてということもありましたがすべてが新鮮で、終始釘づけでした。劇中にあった石巻市の伝統舞踊は力強い太鼓と踊りで迫力があり、非常に感動しました。
 劇終了後には出演者の方と交流ができ、一緒に写真を撮影しました。下の画像が写真です。偶然、東北工大の学生さんと会う機会があったのでご一緒に。
                    
画像に含まれている可能性があるもの:13人、、スマイル、靴

 この交流というのはわらび座の大きな特徴であります。プレゼンにうまく生かしたいポイントの一つです・・・。お忙しい中案内して下さった大信田さんやスタッフの方々には感謝申し上げます。

 今回のブログは以上です。これから講義の課題やテスト、研究が忙しくなりそうです。しっかりセルフマネジメントを行い活動していきたいと思います。
 それでは。