2018年8月16日木曜日

初めまして!

皆さん初めまして!
外の熱気と電車や室内の冷気の温度差で体調を崩しそうで怖いですね( ゚Д゚)
私は専修大学の経営学部からコザカイ組11期生に参入させていただきました、松本祐太朗と申します!
軽く自己紹介をさせていただきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
名前:松本 祐太朗
大学:専修大学 経営学部 経営学科4年生
趣味:書道・社交ダンス・2DCG、3DCG制作・映像編集・映画鑑賞・音楽鑑賞・散歩etc.
性格:好奇心旺盛・楽観的・行動的
就活状況:現在はCGデザイナー目指して絶賛就活中ですorz
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
とこんな感じでございます('ω')
普段はこんなものを作りながら日々勉強しています!
ボーカロイドのねんどろいどのGUMIちゃんを3DCGで作ったものです!
では自己紹介はこの辺にして、、、

さて今私たちは、あきた芸術村で研究を行わせていただくための前準備に取り掛かっています!
???「え~どんなことやってるんですか?」
 私 「え?気になる?」
???「気になる気になる~」
 私 「え~(*´з`)どっしよっかな~?」
???「もったいぶってんなよ(#^ω^)」
 私 「うぃっす('ω')」

はーい茶番は置いといて。。。

今私たちはプロジェクションマッピングを作っています!!
正直初めて行うものなのでどのような形になるのか予測できませんが、完成に向けて必死こいて制作しています。
今回はそのプロジェクションマッピングに使う素材の一部をお見せしたいと思います!
それではどうぞ~(/・ω・)/

本番まであと1週間ちょっとですが何とか完成させようと思います。
ではでは、皆様体調にお気をつけて残りの夏をお過ごしください<(_ _)>


2018年8月4日土曜日

夏休みはドローンからスタート!

皆さんこんにちは。
11期生の中島絵美花です。
8月に突入し、猛暑の日々が続いていますね。
今年は連日35度以上の真夏日となり、今までになく暑い夏になりました。

そんな中、玉川大学では学校の授業やテストも終わり、夏休みに突入しました。
もう4年生なので、今年が人生最後の夏休みです。
研究にi phoneケース展に学生時代の思い出作り(?)と、すべてを全力で取り組んでいきたいと思います。

まず夏休みの活動は、ドローンからスタートしました。
8月1日の朝、RICOH THETAを下に付けたドローンをテスト飛行しました。

着地させるために、椅子の真ん中をくり抜いた台を置いて行いました。
ドローンの下が平らではないために着地が非常に難しく、私はこのドローンを操縦せず、他のドローンで飛行様子を撮影しました。

THETAを中心部に付けるとカメラの後ろにあるセンサーに反応してしまい、かと言って端に付けると全体の重心がずれることで飛行が不安定になることが分かりました。
また、THETAで撮影した映像はVRとして見ることができます。

そして、途中から玉川学園高学部の学生もドローンを操縦しに来られました。
彼は、GPSの環境下に頼らずに室内で飛行ができることを目指して、ドローンを自分で作っているそうです。
小さいながらも高くまで飛ばせていて、これを作っただなんて本当にすごいと感心しました!

しかし、この日も朝から熱く、長時間グラウンドにいると熱中症になってしまいそうでした。
さらに、ドローンのバッテリーやコントローラーも非常に熱くなっていました。
やはり炎天下でのドローン飛行は、人間も機械も危険でした…

最後に、オープンキャンパスについてお話します。
8月5日はオープンキャンパスがあり、小酒井先生の模擬授業が行われます。
ゼミ生からも、私が学科紹介で、相原君が司会として参加する予定です。
さらに模擬授業の後は、ドローンに興味がある人向けに、グラウンドでドローンの操縦も行われます!
去年のオープンキャンパスにも参加したのですが、今年も多くの方にお越しいただけることを願っています。

それでは、今回はここで失礼します。
皆様も暑さには十分にお気を付けてお過ごしください。

2018年7月28日土曜日

最後の夏休み

こんにちは、11期生 関屋です。


台風12号に隅田川花火大会は順延、大学は一切 使用不可となりました。今日は家にこもってテスト期間の不摂生な生活を正す休養日になりそうです。

話は変わりまして…
小酒井研究室に新しいゼミ生が2人増えました!ですが1人は初日から遅刻…先が思いやられます。去年の自分はどうだったかなと思い返すと…。後輩ができて改めて半年間でも小酒井研究室にいて成長できたと実感でき、ご指導いただいた先生、先輩方に改めて感謝の気持ちでいっぱいです。その反面、先輩方のように指導できるか不安もあります。卒業するまでに学んで来たことを自分なりに伝えられればと思います。

写真は昨日の春学期打ち上げの写真です。お隣の研究室から中村さんにご参加いただき、いつもと少し違った雰囲気の打ち上げとなりました笑

そして昨日、長瀬さんとSkypeで面接をしていただき、夏休みにあきた芸術村の森林工芸館で修行させていただけることになりました!7〜10日の試用期間をクリアすれば、ですが…。続けられるよう、精一杯努力していく所存です。もし試用期間でダメだった場合、大道具やブルーベリー農園のお手伝いなど夏休みはあきた芸術村にお世話になります!余裕ができれば北前ザンブリコを観たいです。

沢山の魅力が詰まった あきた芸術村で、思い出に残る夏休みをお過ごしください!
皆さま是非あきた芸術村にお越しください!

2018年7月25日水曜日

オープンキャンパス2018のお知らせ

ゆみッス。
こんにちは。

今年もコザカイせんせーがオープンキャンパスで模擬授業。
コザカイ組から相原さんと中島さんも学科紹介を担当。

○日時:2018年8月5日(日) まだわらかないけどたぶん午後。
○模擬授業タイトル:ドローンの進歩とAI−IoT業界のウラ側をみてみよう−(経営戦略分析)


それではみなさんよろしく。

常盤遊美☆

2018年7月21日土曜日

見ても学ぶ!

皆さんこんにちは!
11期生の鈴木です。

最近は気温も上がって暑いしか言わなくなりました笑
期末テストの時期になって研究に勉強に忙しいです・・・

さて、今回は7月14日(土)に行われたプレゼンバトルに聴講者として参加しました!
研究室だけではなくイベントにもあまり顔を出さなかったレアキャラの僕も珍しくアイディアを聞いてみたいということで参加させて頂きました。成長です笑

参加校は専修大学、多摩大学、玉川大学、東北工業大学、東京国際大学、麗澤大学の6大学に都立晴海総合高校が加わった7校。テーマは「竹箸を日本と世界の箸の定番に!」でした。

聞いてみての感想はアイディアは画期的なものから現実に忠実なものもあり、面白かったです。
ただ、プレゼンを聞いていて準備が細かい点まで詰められているチームとそうでないチームがはっきりと分かるほど差があることが分かりました!
(プレゼンを聞く事が少なかったので個人的に大きな発見でした)

大学生チームはアイディア以外の部分でも細かく詰めていて、高校生はアイディアの独創性に特化していると予想していました。

しかし、優勝は高校生が取りました!おめでとうございます!
高校生のアイディアが面白かったことはもちろん、どういったプロセスで箸を定番にして行くのかというビジョンが見えていたと一番感じたこともあり、審査員の方も高校生のレベルではないと絶賛していました。

大学生もアイディアは面白く、プレゼン自体も慣れていて発表がすごく聞きやすかったですが少し現実味がありすぎて既にありそうなものなど少し視野が狭かったかなと思う事もありました。でも準備がしっかり出来ているチームもいて、聞いていて凄いと素直に感じたチームもあって勉強になりました。大学生もお疲れさまでした!

細かいことを言うと詰めるべき点や聴いていて理解しずらい部分などありましたが、そこは割愛という感じで!笑


色々なことに取り組んでみることも大事だと思っていましたが、一歩引いて聞いてみるとやるだけでは見つけられない課題点が見えることが個人的に大きな発見でした。
これからは経験から学ぶだけでなく見ても学ぶことで自分自身の知識と結び付けていけるという新しい発見が出来て満足です。

ただ、レアキャラはこれからも続きそうです笑
ここらへんで今回のブログを締めようかなと思います。それでは!

2018年7月15日日曜日

ペッパーと友達になろう

みなさん、こんにちは。11期生の熊崎です。

梅雨も明け、気温が暑くなってきました。私はボランティアで高校野球のコーチをやってるので、この時期といえば夏の大会です。先日、初戦をコールドで勝利し、順調な滑り出しです。


さて、就職活動も終わり、授業のレポートやテストに追われている毎日ですが、卒論を進めなくてはいけません。そこで先日、秋葉原にあるアトリエ秋葉原というところに行ってきました!


アトリエ秋葉原とはPepperを開発できる体験スペースで無料でPepperを使えたり、セミナーを受けられたりできる場所になっています。
私は初心者向けのセミナーに参加してきました! 


建物は廃校した中学校を使っています!
他にもカフェやアパレルショップがありました!



中はこのようになっていて、写真では見えないですが、隅っこにPepperが20~30台くらいスリープ状態で固まっているシュールな光景になっていました笑



セミナーには私の他に社会人の方が1名と2名でのセミナーでしたので、少人数でとてもやりやすい雰囲気でした!講師の方は同い年の大学生だったのでその点も非常にやりやすかったです!
2時間ほどのワークショップ形式で進行していき、今までPepperに触れていた時の問題が解決できたり、新しいことも学べたので、非常に有意義な時間を過ごすことが出来ました!



もうすぐ夏休みが始まり、そろそろ本格的にPepperを動かせるようにならなくてはいけません。まだまだスキルが足りないので、死に物狂いで頑張りたいと思います!

それでは!

2018年7月6日金曜日

3週間の教育実習を終えて...


皆さん、こんにちは。11期生の相原拓実です!
最近、関東の梅雨明けが発表されましたが、西日本では過去に例のないほどの豪雨...
避難勧告が様々な市町村で出されている記事をYahooニュースで見ましたが、去年の九州豪雨を思い出しました。人命救助の方法としてツイッターが活躍しましたが、技術の進歩が人命を助ける感動的な瞬間でした。

とは言え、前回のブログから1ヶ月が経ち、やっと教育実習から帰って参りました。
教育実習を振り返ってみると、楽しかった思い出、忙しかった思い出など、様々な感情が詰まった教育実習でした。本日は、そのことについて話したいと思います!

まず、一番楽しかったことは、体育祭の練習・準備についてです。殆どの教育実習生が5月下旬から6月の初旬にかけて教育実習に行っており、時期的に体育祭と被っている学生も多かったと思います。私も教育実習の3週目から体育祭の準備が始まり、最終週には授業の大半の時間を生徒と過ごすことができました。
特に、担当した学級以外の生徒の表情は、授業内でしか見る機会がありませんでしたが、体育祭準備を通して、授業では見ることのできなかった様々な生徒の表情を見ることができました。そして教育実習が終了した後には体育祭があり、今までの練習成果や体育祭に対する想いやを表現する生徒の姿を見て、とても感動しました。特に、行事では今まで見ることのできなかった生徒の表情、成長を直に感じることができる場面でもあり、教師にとってはかけがえのない機会なんだろうなーと感じました。

一方で、教育実習は忙しい日々の連続でした。特に、毎日、授業準備と指導案の作成に追われており、学校が閉まる時間ギリギリまで残って準備をしていました。万全の対策をしていても発問一つで授業の流れが途切れてしまったり、授業教材一つで生徒のグループ活動が活発化するなど、教育実習を通して教員という仕事は、常に考え続けることが必要な職業であると感じました。そんな中で教育実習の3週目には、研究授業がありました。研究授業では、二次関数の最大値・最小値の分野を扱い、グループワークを主軸とした授業展開を行いました。



これは、研究授業で利用した教材なのですが、文化祭を主題として日常生活に関連した問題を出題しました。余談になってしまうのですが、この題材を作成するまでに、約1週間程度かかり、とても苦労した覚えがあります(笑)。
しかし、研究授業のために、万全な事前準備と授業内でPowerPointや教育実習先の先生からお貸し頂いたボードなどを利用した結果、今まで以上にグループワークを活発にすることができました。その後、様々な先生方から研究授業のフィードバックを頂きましたが、それぞれの先生方が異なった観点からアドバイスをしてくださり、とても勉強になりました。教育実習を通して様々な経験ができたこと、教育実習先の先生方には本当に感謝しております。

次回のブログでは、卒業研究に関してのお話をしたいと思います。
それでは、また!!