2018年10月19日金曜日

バーチャルユーチューバー教師ッス。

ゆみッス。
こんばんは。

コザカイ組のプロジェクト「Vtuber教師遊美ちゃん」のお披露目。
本日の授業で第1弾プロトタイプを紹介。
第2弾はコスモス祭でのマネジメントサイエンス学科展でVirtual Youtuber体験会を実施。
第3弾はコザカイせんせーの反転授業で正式採用。
スタッフが大慌てで準備中。
みなさんぜひかわいいのをよろしく。

常盤遊美☆


初めまして!

皆様、初めまして。
私は今期よりコザカイ組のメンバーとなりました。3年の阿部真行です。
軽く自己紹介をさせていただきます。

 私はゲーム、読書、アニメ、映画鑑賞、テニスを趣味としています。その他にも楽しそうという理由でギターやプログラミング、サッカーなどをします。ゲーム、読書、アニメに関してはとても小さいときからずっと続いている趣味です。しかし、それ以外の事は長続きせず飽きてしまいます。またやってみたいと思うことがあれば興味が復活しますが、思はないことはほぼ一切やりません。
 
 やりたいと思はないことの最たる例は勉強です。なので学校の勉強はほぼやらずに遊んでばかりいました。どのくらいやらないかといいますと、勉強している姿がほぼないため、周りから高校に行けるのかすら心配されていました。ですが、何とか今大学まで通っています。
 
 このように私は、興味があること以外でなかなか動けない性格なので、大学在学中に興味を持って動くことが出来るようにしたい、と考えています。
 
 コザカイ組は、自分自身で考えて行動しなければ何も得られないという考えがあり、ゼミ内での活動を自分で探さなければやることがないです。これに準じ、自分自身で興味を持ち動くことが出来ることは、自分自身の目標と一致するので、活動は大変ですが頑張りたいと思います。

 この写真は夏休み中のガンプラ大会でガンプラを作成している様子です。作成に8時間ありましたが、全然時間が足りませんでした...

 これからも経験を積み、自分自身をステップアップさせて行きたいと思います。
 以上で、初めてのブログとさせていただきます。これからよろしくお願いします。

2018年10月12日金曜日

初めまして。

皆さんはじめまして。
今期からコザカイ組の12期生として参加させていただく、佐藤正喜です。
夏休みも終わり、新学期が始まってから、さまざまな活動をしている中で、秋セメスターからコザカイゼミに入り、活動していることに、実感と責任感を感じています。
また、12期生は2人という人数なため、先輩方やコザカイ先生に助けていただくことがとても多いです。
これから、コザカイ組を引き継がせていただく中で、しっかりと自立していかなくていけないことを実感しています。

ゼミでの活動として、まずは9月19日にガンプラ大会が行われました。


ガンプラ大会では、先輩方や小酒井先生、力丸先生とそれぞれガンプラを作成し、投票を行いました。
その投票結果は、こちらです。
自分は、ガンプラ制作の初心であるため、完成させられるか心配でしたが、なんとか締め切り時間には間に合うことができました。
しかし、あまり余裕がなかったため、その後の投票時に使う写真の構成やタイトルは満足したものとなりませんでした。
今後は、時間配分に気をつけて行動したいです。

優勝された、熊崎さんのガンプラです。おめでとうございます。



ガンプラ大会のほかにも、東京都町田市で開催されたビジネスアイデアコンテスト2018の募集説明会とワークショップにも、同じ12期生の阿部と参加してきました。
8月4日に行われたビジネスアイデアコンテスト2018の募集説明会では、「株式会社アイワ広告」、「株式会社タマパーク」、「株式会社丸井グループ」、「株式会社ユニコーン」の4社の方がそれぞれ、企業説明と、いまま抱えている問題や課題から、今回の募集テーマに至るまでの説明がありました。
また、10月6日にあったワークショップでは、今回のアイデアコンテストに募集を考えている学生や起業家の方などたくさんの方と一緒に、それぞれ考えているアイデアを発表し合いました。
このワークショップに参加してみて、たくさんの方のアドバイスや意見を聞き、まだまだアイデアを厚くしていかなくてはならないのだと実感することが出来ました。

残りの募集期限まで時間がない中でもしっかりと全力を出しきり、よい報告ができるように頑張っていきます。



それでは!

2018年9月28日金曜日

夏合宿inあきた芸術村 最終章

皆さんこんにちは、11期生の中島絵美花です。
玉川大学では後期の授業も始まり、猛暑続きだった天候も肌寒く感じるようになりました。

長期にわたって8月27~31日のあきた芸術村での合宿のことについてブログで紹介していますが、今回が最終章になります。
あきた芸術村での合宿から1ヶ月ほど経ちますが、あまりにも充実した5日間だったため、ついこの間のことのように感じます。

8月27日、私たち中島・熊崎・松本の3人は朝に東京駅から出発し、昼頃に角館駅へと到着する予定でした。
そう、そのはずでした…
しかし、わたくし中島の合宿は思わぬ形で幕を開けることとなりました。
さかのぼること前日の8月26日、半年ぶりに訪れるあきた芸術村を楽しみにする思いと、実験を順調に行うことができるかどうかの緊張から、なかなか眠りにつくことができませんでした。
そして翌日27日の朝、目覚めた時刻はもう電車に乗っていないといけない時間でした!
そうです、要するに、寝坊をしてしまいました。
さらに焦った私は、盛岡での車両分断のことを完全に忘れていたため、秋田方面ではなく青森県へと行ってしまったのです!
そのため、もう一度盛岡に戻ってから角館駅に向かうこととなり、到着したのが夕方になってしまいました。
そして到着してすぐに、VR体験の映像を撮るべくRICHO THETEとJeepのラジコンを持って3人で外を撮影しました。

撮影と夕食を終えると、私と松本君でVR体験とプロジェクションマッピングの映像作りを夜通し行いました。
私はVR体験の映像を担当していたのですが、RICHO THETEの編集アプリでは動画を編集できなかったため、他の手段を使って編集しなければなりませんでした。
工学部にいながら簡単な映像編集しかできない私にとって、360度カメラで撮影した映像を扱うことはおろか、さらにその映像をVR用の2眼映像にしなければならないとなると、寝ている暇も無いほどでした。
しかし最終的には映像編集の知識がある松本君に多大な力を借り、2日目の28日の午後公演終了後に間に合わせることができました。

その後はお客様やわらび座従業員などさまざまな方にVR体験をしていただき、研究材料となるアンケートにもご協力いただきました。
そのおかげでアンケート枚数の目標を達成することができ、多くの方々にVR体験を楽しんでいただけました。

プロジェクションマッピングのことについては、前回の松本君のブログをご覧いただければと思います。

そして今回はDAFの長瀬さんと峯山さんをはじめとし、元わらび座社員の方などに支援をしていただきました。
あきた芸術村での合宿において、このような活動を私たちができたのには、買い出しや駅までの送り迎えや、食事の準備など生活面での支えがあったからです。
あきた芸術村の皆様には本当の家族のように受け入れていただき、温かく活動を応援していただいたことが本当に嬉しかったです。


こちらの写真は、最後の夜に私たち4人と長瀬さんで食べた夕食です。
この日も、長瀬さんのお知り合いの方に夕食を作っていただきました。
VR体験もプロジェクションマッピングも無事に成功し、みんなでワイワイと食べた宴は最高の瞬間でした。
そしてこの日に飲む田沢湖ビールは格別に美味しかったです…!

最後東京に帰るときは、なんだか実家の帰省から東京に戻るときと似たような気持ちになり、実験が終わってホッとする反面、とても寂しくなりました。
5日間という短い期間ではありましたが、私にとって秋田は第2の故郷のような場所になりました。

最後にはなりますが、今回私たちにこのような貴重な機会をくださった株式会社わらび座様、そしてご協力いただいたか方々には大変感謝いたします。
誠にありがとうございました。

長くなりましたが、これにてあきた芸術村での夏合宿について終わらせていただきます。
ここでのご縁を大事にし、今回だけでなく、長い目であきた芸術村に関わらせていただけたらな、と思っております。

それでは、また!

2018年9月26日水曜日

夏合宿inあきた芸術村 第2章

こんにちは。


熊崎君に引き続き第2章を担当します。

専修大学から来ました松本です。

ここ数日バタバタしてて全く投稿していませんでした´д` ;

第2章は今回私が、プロジェクトをお手伝いする事になったのかについてあきた芸術村で行ってきた事も含めて書いていこうと思います。

時は遡り4ヶ月前の事・・・

他大学ゼミ教授(以下K教授)「松本君今度ウチの卒業研究でプロジェクションマッピングをやろうと思うんだけれど手伝ってくれませんか?」

僕「プロジェクションマッピングですか?実際にやった事はないですが、出来る限り頑張ります!(わぁお!めっちゃ面白そう!やったぜ!)」

K教授「で、場所が秋田の角館にあるわらび座で行うんだけど」

僕「秋田ですか、わかりました!(秋田?!わらび座?!劇団?(´゚ω゚`))」

K教授「そうそう、うん、じゃあよろしくお願いしますね」

僕「はい!頑張ります!(おや…とんでもない事引き受けたかコレ…?)」

とこんな感じにお話がトントンと進み

時は戻って
合宿当日
am 8:00 東京駅
 
集合し角館に向かいました。

新幹線に揺られる事3時間弱



そしてついに着きました角館!!

はいコチラ

うん予想通りの田舎感

新幹線のフォルムがより際立ってますね
そしてめっちゃ涼しい\( 'ω')/最高!!!
(東京暑かったからねぇε-(´∀`; )※行ったのは8月末です)

して

いざ、あきた芸術村及びわらび座へ!!!!!!

ココでわらび座ってなぁに?って方へ
《わらび座とは、日本では劇団四季や宝塚歌劇団に次ぐ規模の劇団である。日本の伝統芸能を重んじ、民謡、民舞、歌舞などを得意とする一方、ミュージカルにも力を入れており、外部の著名なクリエーターからも協力を得て、オリジナルミュージカルの制作に取り組んでいる。地方での公演や学校での芸術鑑賞会、伝統芸能中心の小公演、多様な楽器を使用したライブ、各種ワークショップなど全国でさまざまな形態の公演を行う。Wikipedia引用 https://ja.m.wikipedia.org/wiki/わらび座 》

てなわけでやってまいりましたわらび座!!!!!!



ここあきた芸術村で4泊5日を過ごしました!

じゃあ具体的に何やったのって?

VR映像とプロジェクションマッピングの映像編集及び公開デス!!!!!!

いや〜しんどかったですよホント!4日間の中でまともに寝たの2日目だけですもん(⌒-⌒; )

では初日から順に追っていきましょう

27日(月)
時間的には12時ちょい過ぎくらいですかね
わらび座に到着しまして、一足先にわらび座に来ていらしたK教授と合流しました。
初日のお昼ご飯はK教授にご馳走になりました!
ありがとうございます😊ボロネーゼ美味しかったです。

午後からはラジコンのジープにRICOH THETA(360°撮影カメラ)を取り付けてあきた芸術村の庭を撮影しながら走り回りました。(正直1番楽しかった( ˙꒳​˙ ))

更にドローンにも装着し空撮も行いました!

夜になってプロジェクションマッピングの投影場所を決めようと言うお話に…

で、ここで気付かれる方何人かいらっしゃると思うんですが、、、そう、投影場所決まってなかったんです\(^o^)/普通はプロジェクションマッピングを作る際投影場所を決めてから編集に取り掛かるのですが、、、コレが編集地獄へ私を誘う大きな要因になります。

話は戻り投影場所を探し始めまして色々投影しました。日本家屋の屋根に投影してみたり、木に投影してみたり、そして最終的にゆぽぽという旅館前にある林に投影すると言う事で話は落ち着き初日は終わりました。

しかし、僕はそれどころじゃありませんでした。

なぜかって?

事前に作ってた素材がほとんど意味なさなくなっちまったんですよぉ(´;Д;`)!

林に投影と決まった時点で僕の心の中では(嘘やん嘘やん嘘やん)と盛大にエコーかかってました

嘆いていても始まりません。とにかく編集を始めました。

とは言ったものの林に投影とか聞いたことが無かったので初日の夜はずっと頭を抱えたまんま、VR担当の子と共に徹夜で作業し、ほとんど元の素材から弄れずに発表となりました。

当然グダグダ、、、


なんだこりゃ…林に投影する意味ないやん(⌒-⌒; )映画館かよ

みたいな

そんな結果になりました。

それとは打って変わりVRの方はなかなかの反響
空撮の映像が効いたのかな?
なかなかに良い映像だったと思います。

2日目はそんなこんなで終了しこの夜は流石に寝ました💤

3日目朝
大慌てで再編集です( ;´Д`)

なぜかって?

わらび座の演出総監督さんや大道具の方々が見にいらっしゃるとの事を聞きましてそりゃ慌てますよね(⌒-⌒; )下手なもの見せられないですので

とは言ったものの・・・

変えられたのは冒頭部分程度


のまま発表です…

実際に投影されたものを見た時は変な違和感がありました。

もちろんその違和感を観にいらした方々が見事に言語化してアドバイスをくださいました。

正直なところおこがましいにも程があるんですけど、すっごい悔しかったです。

その発表後から4日目の発表ギリギリは編集し直し最初に作ったものとは全く違う作品に仕上がりました!

https://youtu.be/_Pu9T19ri7o
※著作権の都合上音声はカットしてあります。

正直めっちゃくちゃ頑張りました!
お陰で満足いく作品になり、あきた芸術村の社長夫妻にも見ていただきました!

一つ心残りがあるとすれば、総監督さんにも見ていただきたかったなぁという所でしょうか(´・ω・`)

色々な経験や勉強をさせていただけて小酒井先生を始めとして長瀬さんやあきた芸術村の皆様には多大なる感謝を申し上げます<(_ _)>ありがとうございました。

それでは次回、シリーズ最後の中島さんです(^^)/

2018年9月15日土曜日

夏合宿inあきた芸術村 番外編

こんにちは、11期生の関屋です。


先々週の熊崎に引き続きたいところですが、早くも番外編をさせていただきます笑
前回のブログで書いた、あきた芸術村森林工芸館木工房での修行を振り返りたいと思います。

7月27日、春学期最後のゼミの時間中に長瀬さんとSkypeで面接をしていただき、試用期間を設け、森林工芸館木工房で修行させていただくことが決定しました。
取得単位数がギリギリなため、サマーセッション1期を受講し8月14日から秋田に行くことになりました。

8月14日。
お盆で木工房がお休みだったため、わらび座で開催される盆踊り大会の設営を手伝わさせていただきました。
パイプイスや照明の設置や、ゴミの処理、またエキストラとして前に出て一緒に盆踊りを踊りました。
盆踊りの最後には舞台「KINJIRO!」の劇中歌の曲調に合わせて花火が打ち上げられました。
周りに遮る建物がなく、余計な光がないので、花火が夜空に映えていて、都会では見れない花火を見ることができました。


8月15日。
午前中、盆踊り大会の片付けをし、午後はないとステージの受付の手伝いをさせていただきました。
ナイトステージは温泉ゆぽぽ本館 北浦で19:30から上演されました。
今までは夏のナイトステージだけだったのが、今年から春のナイトステージが開催され、将来的には四季に合わせて年4回開催するそうです。
夏のナイトステージは8月8月〜8月の16日まで開催されており、自分が手伝わせていただいた15日は、現在上映中の「北前ザンブリコ」のキャスト、小山雄大さんと遠田雅さんがお手伝いとして受付に立ってくださいました!
役者さんと一緒に仕事をするなんて…役者さんと劇以外のところで会えるなんて…わらび座でしか味わえない体験でした。

ナイトステージ前の北浦

8月16日。
今日からいよいよ森林工芸館木工房での修業が始まります。まずは7〜10日の試用期間で自分の可能性を認めてもらえるよう必死に食らいつきました。
最初に取り掛かったのは塗装です。
一つの商品ができるまでの流れは、

木取り→サンダー(荒い電動ヤスリ)で研磨→手磨き→塗装となっています。

手磨きで優しい手触りに仕上げられたお雛様、鯉のぼりを植物性オイルで塗装し、拭きあげるという仕事でした。
出荷前の最後の工程を自分が担うという責任と緊張感をもって取り組みました。
しかし、初日は拭き残しが多く、自分が帰った後に拭き直しをさせてしまいました。
拭き残しは、光の反射を目で見る。拭き上げの際のウエスの滑り具合で感じる。といったアドバイスをいただき、一つ一つ丁寧に自分の目と指で拭き残しを感じながら拭き上げに取り組みました。
拭き上げでは、塗装だけでなく出荷前の最後のチェックポイントであり、手触りや割れなども同時に気をつけなければいけません。
塗装と拭き上げを1週間続け、自分なりの感覚を掴み、商品として売り出せるレベルと認めてもらうことができ、晴れて試用期間をクリアしました。

8月24日。
試用期間が終わり、ワンランク上の仕事に取り組むことになりました。
塗装の前の工程、手磨きです。サンダーによってできた毛羽立ちや焦げを細かいヤスリで磨き上げるというものです。
ただひたすら磨けばいいわけではなく、各商品ごとに角の丸みが違い、その角を削りすぎずに手触り良くなるよう削らなければなりません。
ヤスリを当てる角度、指の曲げ具合ひとつで角を削りすぎてしまいます。
どの角度で当たればどう削れるのか。また、木によって柔らかさが違い、どのくらいの力で磨くのかといった繊細な作業でした。

8月28日。
熊崎、中島、松本くんと合流。
久しぶりの再会に、黒くなった熊崎をみて秋田に来て2週間経ったという実感が湧きました。
27日の夜と28日のお昼ごはんを先生にご馳走になり、栄養をつけて残り2週間の折り返しを迎えました。
28日から31日の出来事は先々週の熊崎、来週の松本くん、再来週の中島のブログにて報告してもらいます笑

9月1日。
みんなが東京へ帰りまた1人…。
仕事には慣れて来たが、賑やかっだDAFで一人で静かに食べるご飯はそれはそれは箸が進みませんでした…。
しかし、2週間もいると寮の役者の方とも仲良くさせていただき、連絡先を交換させていただいたりしました。
木工房では自分で手磨きしたものを塗装しました。
手磨きの際には十分と思っていたところが、ブローで削りカスを飛ばすと毛羽立ちが出てきたり磨き残しがあることを確認できました。
ミスを少しずつ修正し、正しい感覚を身につけていく過程は難しくもありますが、正解を見つけた時は楽しくて仕方ありませんでした。

9月12日
木工房最終日。最後の仕事はお雛様の塗装。この1ヶ月100セット以上塗装した集大成として今まで学んできたものを全て出して仕上げてきました。
1ヶ月、ほぼ毎日木に触れていて、塗装においても手磨きにおいても、拭き残し、磨き残しの確認の作業には視覚と触覚で丁寧に確認しました。まるで木とコミュニケーションを取っているようでした。木ひとつひとつの木目や柔らかさの違いに苦戦しながらも発送する際には自分の塗装した、手磨きしたものがお客様の元に届くと思うと嬉しいと同時に、より一層 責任感を実感しました。

お雛様の塗装後乾燥の様子

最後に、1ヶ月間お世話になりましたあきた芸術村の皆様。本当にありがとうございました。
木工房での修行の話から住む所、日々気にかけてくださった長瀬さん。忙しく時間がない中、暖かく迎えてくださり、いろいろなことを教えていただいた木工房の皆様。お忙しい中お時間を割いていただいた山川社長。時々道端でお会いして気にかけてくださり、ナイトステージでビールをご馳走してくださった大信田さん。
部屋の手配や身の回りのことを気遣ってくださった庶務の皆様。
二槽式洗濯機など寮での生活を支えてくださった寮の皆様。
そして、今回の修行をさせていただく機会をいただき、日々気にかけてくださった小酒井先生。多くの方に支えられ、今の自分があるということを改めて強く実感した1ヶ月でした。
関わっていただいた全ての皆様に、心から感謝の気持ちでいっぱいです。この気持ちをこれからも忘れず日々感謝を持って生きていきたいと思います。
本当にありがとうございました。

2018年9月9日日曜日

懐かしい。

皆さんこんにちは。
11期生の鈴木です!


もう9月ですね。夏休みも残りわずかとなり、卒業が近づいてきました。
小酒井ゼミに入って1年近くが経ちましたがレアキャラは健在です…(笑)


この夏休みは学生最後の夏として多くの友人と遊んだり、自分の研究のために動画作成を行ったりしていましたが、8月の1,2週目は就職先の企業で大阪へ研修として行ってきました!
動画班の発足を見越して、大阪で動画撮影や編集を勉強する傍ら、空き時間にちょうど行われていた100回目の甲子園を観戦しました!


今年は大阪桐蔭が優勝しましたね(笑)
高校では野球部に所属していたので観戦しながら「またやりたいな。」なんて思い返してました。


動画研修では僕がやっていたことよりもより専門的にいかに面白く、分かりやすく伝えるかなどテロップから場面切り替え、BGMなど卒論にも今後にも活かせるスキルを身につけることができました。
あと半年で卒論も完成させなければならず、同期もそれぞれの卒論に向けて動いているのでそれに負けないように努力していこうと思います。(見える場所での努力をするようにします!)

学生最後の半年を悔いのないように送っていこうと思います!
それでは!

2018年8月31日金曜日

夏合宿inあきた芸術村 第1章

みなさん、こんにちは。11期生の熊崎です。

私を含め、同期の中島と専修大学から修行に来てる松本君と卒業プロジェクトの実証実験を行う為、秋田県のあきた芸術村に来ています。
27日〜31日までの5日間であきた芸術村に滞在させて頂き、あきた芸術村が持つ豊富な資源を利用して、ドローンとラジコンに付けた360度カメラで撮影した動画をVR体験できるものとプロジェクションマッピングの2つのアトラクションを行います。
ちなみに夏休み期間中にあきた芸術村で修行をしている同期の関屋も合流して行いました。

初めてのこまち号!降りた瞬間「寒い!」というくらい涼しかったです。

今回からのブログでは、私が第1章、次週の関屋が番外編、間が空いて松本君が第2章、最後に中島が最終章とシリーズ化して滞在した5日間をお送りします。
是非、お楽しみください!

今回のブログでは1日目と2日目の話をします。
私の担当としてはデータ担当としてアンケートの制作とデータ集計・分析を行っています。
今回の滞在期間では資材を運んだり、場所の設営であったりと主に裏方の仕事を担当しました。
1日目はお昼くらいに角館駅に到着し、そこから車で迎えに来て頂いたので、食料の買い出しを行い、あきた芸術村へと向かいました。
着いてからは長瀬さんにご挨拶をし、小酒井先生と合流をしてお昼ご飯をご馳走して頂きました!ありがとうございました!
その後は小酒井先生と360度カメラをつけたドローンであきた芸術村内を撮影し、VR体験の素材となる動画を撮影していきました。


そしてラジコンにも360度カメラをつけて撮影も行いました。ラジコン操作が楽しくなって気が付けば2時間くらい操縦していました笑

そんなことをしてる間に時間は早くも夕方です。遅刻していた中島はここで到着。詳しくはご本人からお聞きできるでしょう・・・。
そしてここで事前に日曜日からあきた芸術村来て頂いていた小酒井先生は学会があるということで東京に帰ることになりました。事前調査やドローンの撮影ありがとうございました。


この5日間は自炊をします。DAF(デジタルアートファクトリー)をお借りして作業や食事をしました。
初日の夜ご飯はカレーです。中島と松本君が作ってくれました。松本君にはこだわりがあるそうでレーズンとチョコをカレーに入れてました笑

その後はプロジェクションマッピングの場所を確定するためにあきた芸術村内の色んなところに投影していきました。結果として木に投影することが映像が映えてよかったのでホテルの前にある林で投影することになりました。
深夜はVRの編集を中島と松本君が編集作業を夜通し行ってくれました。ありがとうございました。


そして2日目です。
夜通し編集をしてくれた2人でしたが、難航していて、VR体験をわらび劇場の公演後にして頂くことになっていましたが、準備が終わり体験を開始した時にはお客様は全員退場した後でした。

その後は体験してもらうために大道具などのわらび座方々のところに伺ったり、ホテルのロビーに急遽VR体験を設営して体験して頂きました。

そして夜はプロジェクションマッピング。
告知はしてあったので数人のわらび座の社員の方々に見て頂きました。そして更に部屋から見えてプロジェクションマッピングに気付いたお客様が下に降りてきてくれて、プロジェクションマッピングを見て頂けました!
木に投影するプロジェクションマッピングはすごく神秘的で凹凸の林が平らなスクリーンに見えたり、四季折々の木の色を出したり、奥行きを利用した表現ができたりと、自由自在に表現できて非常に感動的でした!さすが松本君!


このような流れで2日目は終了しました。
ブログがかなり長くなるのでシリーズ化しています。3日目と4日目は3週後の松本君から紹介があります!


今回の合宿を通じて、私は様々な人の支えがあるからこそ活動が出来ていることを改めて実感しました。買い出しの送迎をして頂いたり、寝泊まりできる環境を作って頂き、飲食も美味しい野菜や漬物を頂きました。もう数え切れないくらいの支援をして頂いて本当に自分が恵まれた環境で活動できていると感じました。
帰る時には感謝しきれない気持ちで涙が出そうになりました。なんだか里帰りした気持ちですね。
恩返しできるようにこの卒業プロジェクトの成果を出せるように必死に頑張っていこうと思います!


関わって頂いたすべての人に感謝します。
本当にありがとうございました!


それでは!

2018年8月25日土曜日

4年生の夏休みが一番忙しい??


皆さん、こんにちは!
11期生の相原拓実です。

最近は、秋のような涼しい日々が続いて、とても過ごしやすい天気でしたね!
しかし、8月後半に入り、残暑が戻って来てしまいました...
やっと「扇風機も無しで寝られる日々がやって来た!!」と思ったのに(笑)

まぁ、前振りはさておき、毎回のテンプレになってますが、皆さんは、どのような8月をお過ごしになられましたか?
私達、11期生は今年度で大学を卒業するため、今回が人生で最後の夏休みでした!
やっぱり、人生で最後の夏休みこそは、大学生らしく旅行に行ったり、海やプールに行ったり、BBQをして夏休みを謳歌する予定でした..
しかし、実際の夏休みは打って変わって真逆のものでした(笑)
旅行にも行くことができませんでしたし、海やプールも以ての外でした。
既に夏休みの終盤に入ってしまいましたが、この夏休みを振り返ってみると、「大学4年間のなかで一番忙しいのでは??」と思うほど、外に出ることが多いものでした。
なので、今回はそんな夏休みの過ごし方の一部を紹介したいと思います!!

〜夏休みの過ごし方その1:卒業研究のための準備〜
卒業の研究として、高大の教育接続を取り上げたいと考えています。その研究準備の第一歩として、7月28日(土)に大正大学で行われた「第4回   高大接続システム改革フォーラム」に参加して来ました。高大接続フォーラムでは、「大学入学者選抜改革の動向」、「eポートフォリオの活用」、「大学教育改革」などについて、様々な講師の方々が基調講演をしてくださいました。

教育課程受講者であり、塾講師としてアルバイトもしているので「大学入学者選抜改革」には敏感でしたが、今回の基調講演を聞いて、本質的な理由や今後の展開について、詳しく聞くことができました。また、「eポートフォリオ」については、高校と大学への導入方法についてお話を聞くことができましたが、全国に統一的に導入するには、時間がまだ必要であるとも感じました。
今後の行動としては、8月28日に「AP中間成果報告会」があるので、その講演を聞いて、今後どのような問題を課題として上げていくのか、しっかりと決めて準備をして行きたいと思います。

〜夏休みの過ごし方パート2:玉川大学オープンキャンパス〜
もう既に終わってしまいましたが、8月5日に玉川大学オープンキャンパスがありました!!私は、学科説明の司会進行役として、オープンキャンパスに参加させて頂きました。オープンキャンパスの受付としても、お手伝いをさせて頂きましたが、数学教員養成はとてつもなく人気でしたね...皆さん、教員にしか目がない様子でしたが、ちゃんと学生の話を聞いて少し考え直したほうがいんじゃないでしょうか(笑)??
とは言え、学科説明では小酒井先生が、学生生活では中島が講演をしてくださいました!



理系で大学選択に迷っている学生さん!!
是非、玉川大学工学部マネジメントサイエンス学科に来てみては?

〜夏休みの過ごし方パート3:帰省〜
今年のお盆は、母方の実家がある山梨県に帰省してきました。都会と比べて、自然が豊かでリラックスすることができました。また、せっかく山梨にきたので、北杜市明野のサンフラワーフェスに行ってきました!!


インスタ映えを狙って、女の子っぽく加工をしまくりました(笑)

こんな感じが、今年の夏休みの過ごし方の一部です。
他にも、色々なことをしてきましたが、それはまた次回のブログで!!

それでは、また。

2018年8月16日木曜日

初めまして!

皆さん初めまして!
外の熱気と電車や室内の冷気の温度差で体調を崩しそうで怖いですね( ゚Д゚)
私は専修大学の経営学部からコザカイ組11期生に参入させていただきました、松本祐太朗と申します!
軽く自己紹介をさせていただきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
名前:松本 祐太朗
大学:専修大学 経営学部 経営学科4年生
趣味:書道・社交ダンス・2DCG、3DCG制作・映像編集・映画鑑賞・音楽鑑賞・散歩etc.
性格:好奇心旺盛・楽観的・行動的
就活状況:現在はCGデザイナー目指して絶賛就活中ですorz
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
とこんな感じでございます('ω')
普段はこんなものを作りながら日々勉強しています!
ボーカロイドのねんどろいどのGUMIちゃんを3DCGで作ったものです!
では自己紹介はこの辺にして、、、

さて今私たちは、あきた芸術村で研究を行わせていただくための前準備に取り掛かっています!
???「え~どんなことやってるんですか?」
 私 「え?気になる?」
???「気になる気になる~」
 私 「え~(*´з`)どっしよっかな~?」
???「もったいぶってんなよ(#^ω^)」
 私 「うぃっす('ω')」

はーい茶番は置いといて。。。

今私たちはプロジェクションマッピングを作っています!!
正直初めて行うものなのでどのような形になるのか予測できませんが、完成に向けて必死こいて制作しています。
今回はそのプロジェクションマッピングに使う素材の一部をお見せしたいと思います!
それではどうぞ~(/・ω・)/

本番まであと1週間ちょっとですが何とか完成させようと思います。
ではでは、皆様体調にお気をつけて残りの夏をお過ごしください<(_ _)>


2018年8月4日土曜日

夏休みはドローンからスタート!

皆さんこんにちは。
11期生の中島絵美花です。
8月に突入し、猛暑の日々が続いていますね。
今年は連日35度以上の真夏日となり、今までになく暑い夏になりました。

そんな中、玉川大学では学校の授業やテストも終わり、夏休みに突入しました。
もう4年生なので、今年が人生最後の夏休みです。
研究にi phoneケース展に学生時代の思い出作り(?)と、すべてを全力で取り組んでいきたいと思います。

まず夏休みの活動は、ドローンからスタートしました。
8月1日の朝、RICOH THETAを下に付けたドローンをテスト飛行しました。

着地させるために、椅子の真ん中をくり抜いた台を置いて行いました。
ドローンの下が平らではないために着地が非常に難しく、私はこのドローンを操縦せず、他のドローンで飛行様子を撮影しました。

THETAを中心部に付けるとカメラの後ろにあるセンサーに反応してしまい、かと言って端に付けると全体の重心がずれることで飛行が不安定になることが分かりました。
また、THETAで撮影した映像はVRとして見ることができます。

そして、途中から玉川学園高学部の学生もドローンを操縦しに来られました。
彼は、GPSの環境下に頼らずに室内で飛行ができることを目指して、ドローンを自分で作っているそうです。
小さいながらも高くまで飛ばせていて、これを作っただなんて本当にすごいと感心しました!

しかし、この日も朝から熱く、長時間グラウンドにいると熱中症になってしまいそうでした。
さらに、ドローンのバッテリーやコントローラーも非常に熱くなっていました。
やはり炎天下でのドローン飛行は、人間も機械も危険でした…

最後に、オープンキャンパスについてお話します。
8月5日はオープンキャンパスがあり、小酒井先生の模擬授業が行われます。
ゼミ生からも、私が学科紹介で、相原君が司会として参加する予定です。
さらに模擬授業の後は、ドローンに興味がある人向けに、グラウンドでドローンの操縦も行われます!
去年のオープンキャンパスにも参加したのですが、今年も多くの方にお越しいただけることを願っています。

それでは、今回はここで失礼します。
皆様も暑さには十分にお気を付けてお過ごしください。

2018年7月28日土曜日

最後の夏休み

こんにちは、11期生 関屋です。


台風12号に隅田川花火大会は順延、大学は一切 使用不可となりました。今日は家にこもってテスト期間の不摂生な生活を正す休養日になりそうです。

話は変わりまして…
小酒井研究室に新しいゼミ生が2人増えました!ですが1人は初日から遅刻…先が思いやられます。去年の自分はどうだったかなと思い返すと…。後輩ができて改めて半年間でも小酒井研究室にいて成長できたと実感でき、ご指導いただいた先生、先輩方に改めて感謝の気持ちでいっぱいです。その反面、先輩方のように指導できるか不安もあります。卒業するまでに学んで来たことを自分なりに伝えられればと思います。

写真は昨日の春学期打ち上げの写真です。お隣の研究室から中村さんにご参加いただき、いつもと少し違った雰囲気の打ち上げとなりました笑

そして昨日、長瀬さんとSkypeで面接をしていただき、夏休みにあきた芸術村の森林工芸館で修行させていただけることになりました!7〜10日の試用期間をクリアすれば、ですが…。続けられるよう、精一杯努力していく所存です。もし試用期間でダメだった場合、大道具やブルーベリー農園のお手伝いなど夏休みはあきた芸術村にお世話になります!余裕ができれば北前ザンブリコを観たいです。

沢山の魅力が詰まった あきた芸術村で、思い出に残る夏休みをお過ごしください!
皆さま是非あきた芸術村にお越しください!

2018年7月25日水曜日

オープンキャンパス2018のお知らせ

ゆみッス。
こんにちは。

今年もコザカイせんせーがオープンキャンパスで模擬授業。
コザカイ組から相原さんと中島さんも学科紹介を担当。

○日時:2018年8月5日(日) まだわらかないけどたぶん午後。
○模擬授業タイトル:ドローンの進歩とAI−IoT業界のウラ側をみてみよう−(経営戦略分析)


それではみなさんよろしく。

常盤遊美☆

2018年7月21日土曜日

見ても学ぶ!

皆さんこんにちは!
11期生の鈴木です。

最近は気温も上がって暑いしか言わなくなりました笑
期末テストの時期になって研究に勉強に忙しいです・・・

さて、今回は7月14日(土)に行われたプレゼンバトルに聴講者として参加しました!
研究室だけではなくイベントにもあまり顔を出さなかったレアキャラの僕も珍しくアイディアを聞いてみたいということで参加させて頂きました。成長です笑

参加校は専修大学、多摩大学、玉川大学、東北工業大学、東京国際大学、麗澤大学の6大学に都立晴海総合高校が加わった7校。テーマは「竹箸を日本と世界の箸の定番に!」でした。

聞いてみての感想はアイディアは画期的なものから現実に忠実なものもあり、面白かったです。
ただ、プレゼンを聞いていて準備が細かい点まで詰められているチームとそうでないチームがはっきりと分かるほど差があることが分かりました!
(プレゼンを聞く事が少なかったので個人的に大きな発見でした)

大学生チームはアイディア以外の部分でも細かく詰めていて、高校生はアイディアの独創性に特化していると予想していました。

しかし、優勝は高校生が取りました!おめでとうございます!
高校生のアイディアが面白かったことはもちろん、どういったプロセスで箸を定番にして行くのかというビジョンが見えていたと一番感じたこともあり、審査員の方も高校生のレベルではないと絶賛していました。

大学生もアイディアは面白く、プレゼン自体も慣れていて発表がすごく聞きやすかったですが少し現実味がありすぎて既にありそうなものなど少し視野が狭かったかなと思う事もありました。でも準備がしっかり出来ているチームもいて、聞いていて凄いと素直に感じたチームもあって勉強になりました。大学生もお疲れさまでした!

細かいことを言うと詰めるべき点や聴いていて理解しずらい部分などありましたが、そこは割愛という感じで!笑


色々なことに取り組んでみることも大事だと思っていましたが、一歩引いて聞いてみるとやるだけでは見つけられない課題点が見えることが個人的に大きな発見でした。
これからは経験から学ぶだけでなく見ても学ぶことで自分自身の知識と結び付けていけるという新しい発見が出来て満足です。

ただ、レアキャラはこれからも続きそうです笑
ここらへんで今回のブログを締めようかなと思います。それでは!

2018年7月15日日曜日

ペッパーと友達になろう

みなさん、こんにちは。11期生の熊崎です。

梅雨も明け、気温が暑くなってきました。私はボランティアで高校野球のコーチをやってるので、この時期といえば夏の大会です。先日、初戦をコールドで勝利し、順調な滑り出しです。


さて、就職活動も終わり、授業のレポートやテストに追われている毎日ですが、卒論を進めなくてはいけません。そこで先日、秋葉原にあるアトリエ秋葉原というところに行ってきました!


アトリエ秋葉原とはPepperを開発できる体験スペースで無料でPepperを使えたり、セミナーを受けられたりできる場所になっています。
私は初心者向けのセミナーに参加してきました! 


建物は廃校した中学校を使っています!
他にもカフェやアパレルショップがありました!



中はこのようになっていて、写真では見えないですが、隅っこにPepperが20~30台くらいスリープ状態で固まっているシュールな光景になっていました笑



セミナーには私の他に社会人の方が1名と2名でのセミナーでしたので、少人数でとてもやりやすい雰囲気でした!講師の方は同い年の大学生だったのでその点も非常にやりやすかったです!
2時間ほどのワークショップ形式で進行していき、今までPepperに触れていた時の問題が解決できたり、新しいことも学べたので、非常に有意義な時間を過ごすことが出来ました!



もうすぐ夏休みが始まり、そろそろ本格的にPepperを動かせるようにならなくてはいけません。まだまだスキルが足りないので、死に物狂いで頑張りたいと思います!

それでは!

2018年7月6日金曜日

3週間の教育実習を終えて...


皆さん、こんにちは。11期生の相原拓実です!
最近、関東の梅雨明けが発表されましたが、西日本では過去に例のないほどの豪雨...
避難勧告が様々な市町村で出されている記事をYahooニュースで見ましたが、去年の九州豪雨を思い出しました。人命救助の方法としてツイッターが活躍しましたが、技術の進歩が人命を助ける感動的な瞬間でした。

とは言え、前回のブログから1ヶ月が経ち、やっと教育実習から帰って参りました。
教育実習を振り返ってみると、楽しかった思い出、忙しかった思い出など、様々な感情が詰まった教育実習でした。本日は、そのことについて話したいと思います!

まず、一番楽しかったことは、体育祭の練習・準備についてです。殆どの教育実習生が5月下旬から6月の初旬にかけて教育実習に行っており、時期的に体育祭と被っている学生も多かったと思います。私も教育実習の3週目から体育祭の準備が始まり、最終週には授業の大半の時間を生徒と過ごすことができました。
特に、担当した学級以外の生徒の表情は、授業内でしか見る機会がありませんでしたが、体育祭準備を通して、授業では見ることのできなかった様々な生徒の表情を見ることができました。そして教育実習が終了した後には体育祭があり、今までの練習成果や体育祭に対する想いやを表現する生徒の姿を見て、とても感動しました。特に、行事では今まで見ることのできなかった生徒の表情、成長を直に感じることができる場面でもあり、教師にとってはかけがえのない機会なんだろうなーと感じました。

一方で、教育実習は忙しい日々の連続でした。特に、毎日、授業準備と指導案の作成に追われており、学校が閉まる時間ギリギリまで残って準備をしていました。万全の対策をしていても発問一つで授業の流れが途切れてしまったり、授業教材一つで生徒のグループ活動が活発化するなど、教育実習を通して教員という仕事は、常に考え続けることが必要な職業であると感じました。そんな中で教育実習の3週目には、研究授業がありました。研究授業では、二次関数の最大値・最小値の分野を扱い、グループワークを主軸とした授業展開を行いました。



これは、研究授業で利用した教材なのですが、文化祭を主題として日常生活に関連した問題を出題しました。余談になってしまうのですが、この題材を作成するまでに、約1週間程度かかり、とても苦労した覚えがあります(笑)。
しかし、研究授業のために、万全な事前準備と授業内でPowerPointや教育実習先の先生からお貸し頂いたボードなどを利用した結果、今まで以上にグループワークを活発にすることができました。その後、様々な先生方から研究授業のフィードバックを頂きましたが、それぞれの先生方が異なった観点からアドバイスをしてくださり、とても勉強になりました。教育実習を通して様々な経験ができたこと、教育実習先の先生方には本当に感謝しております。

次回のブログでは、卒業研究に関してのお話をしたいと思います。
それでは、また!!

2018年7月1日日曜日

Oculus Goの画面を学校の授業でプロジェクターに投影してみる!

どうもiTeachersのコザカイです。
Oculus Goが発売されて、衝動買いしてしまった先生たちもそれなりに多いんじゃないでしょうか。
なんてったって、64GBモデルでも3万円以下。そりゃ買っちゃうわ。

そういう先生たちはきっと「このテクノロジーの凄さを児童や生徒にも体感してもらいたい!でも、一人一個なんて用意できないから、せめてプロジェクタで投影してみたい!」って思うことでしょう。でも、Oculus GoにはHDMIもRGB出力はないので、絶望された人もいると思います。

でも、大丈夫!
それ、できるから!!
完全ではないけどね汗

0. 概要
今回やることは、VysorというChromeアプリを使って、プロジェクタを繋げたWindows10マシンにOculus Goの画面をWi-Fi経由でワイヤレスミラーリングさせるというものです。

今回、この実験にあたり、こちらのブログを超参考にさせていただきました。
ありがとうございます!サイコーです!!
【VR】Oculus GoをPCへミラーリングさせる(無線)
https://o21o21.hatenablog.jp

使用環境はこちらです。
Surface 3 Pro+Windows10+Chrome(全部アプデ済)
Macでやるのはたぶんやめたほうがいいです。

2. Android StudioのDLとインストール
インストールにはいやってほど時間がかかるので、こっちから準備したほうがいいです。
なかなかない経験でしょうから、長時間のAndroid Studioのインストール作業を体験して、なんちゃって開発者気分を味わってくださいw
開発環境構築って、こんな感じです。

DLはこちら。
https://developer.android.com/studio/?hl=ja



.exeファイルをダウンロードしたら、そのままNextボタンを押し続けてインストールしちゃってください。

3.Android SDKのインストール
Android Studioを起動すると、Windowの最下部のConfigure→SDK Managerの順番で選択。
Android SDKって項目のなかにあるSDK Platformってタブを開きます。
Android 4.4以降(API Level19以上)を全てチェックを入れます。


今度は、SDK ToolsってタブのなかのLLDBとGoogle USB Driverにチェックを入れます。
で、OKを押せばインストールが開始されます。
すごく時間がかかるから、ただじっと待っててください。

4.Oculus Goを開発者モードへ変更
インストールしている隙に、Oculusアプリ(著者はiPhone版)を使って、Oculus Goを開発者モードに変更します。

とはいえ、まず先に、以下のサイトでFacebookアカウントをを使ってログインします。
https://dashboard.oculus.com

「新しい団体の作成」という画面がでてくるので、なんでもOKなんで組織名を入れちゃってください(スクショするの忘れました。すんません。)。

次に、Oculusアプリを開いて、設定→Oculus Goシリアル番号(上から2番目)→その他の設定←開発者モード→スイッチオンって具合に設定



5.adbコマンドの有効化までの道のり
ちょいと面倒ですが、adbコマンドを使えるようにします。

まず、エクスプローラーを開き、表示タブを選択し、「隠しファイル」にチェックを入れます。

次に、Windowsのスタートメニュー→Windowsシステムツール→コントロールパネル→システムとセキュリティ→システムを選択します。
そうするとWindows10ってロゴがでてきます。

左側一番下の「システムの詳細設定」を押すと、「システムのプロパティ」ってウインドウがでてくるので、詳細設定タブを選び、一番下の環境変数(N)ってボタンをおします。
そうするとでてくるウインドウの下半分にある「システム環境変数(S)」って項目にある「新規」ってボタンを押すと、「新しいシステム変数」ってウインドウが出てきます。
※念のため、このときにもともとあるPATHをメモっとくなりスクショしておくとよい。


そしたら、変数名(N)に「Path」を入力して、
変数値(V)の空欄をいったん選択して、「ディレクトリの参照」を押します。


そうすると、「フォルダーの参照」ってウインドウがでてくるので、PC→Windows (C:)→ユーザー→xxxxx(ユーザー名)→AppData→Local→Android→Sdk→platform-toolsと選択。
そうすると、「C:\Users\xxxxx(ユーザ名)\AppData\Local\Android\Sdk\platform-tools」って表示されると思います。そうしたらOKボタンを押してください。

6.WindowsマシンとOculus GoをUSBで接続→デバック許可
ここで、附属のUSBケーブルでWindowsマシンとOculus Goを接続します。
そうしたら、Oculusをかぶって、「USBデバッグの許可」をしてください。

7.dbvコマンドを使って、OculusのIPアドレスを調べて、ポートの開放
そうしたら、Windowsのスタートメニュー→Windowsシステムツール→コマンドプロンプトと選択して、コマンドプロンプトを起動。

そうしたら、「adb devices」と入力してください。
そうするとこんな感じの表示がされます。

List of devices attached
xxxxxxxxx(Oculus Goのシリアル番号)    device

ここまででたら、次は、「adb shell ip addr」と入力。
そうすると、たくさん文字がでてきますが、あわてず「5.wlan0」って項目にある「inet 192.168.xxx.xxx(IPアドレス)」のところにあるIPアドレスをメモリます(念のため)。

さらに、「adb tcpip 5555」って入力(※ここ超大事

8.Vysorのインストールと起動
VysorってChromeアプリをインストールします。

以下にアクセスして、「CHROMEに追加」ってボタンを押してインストールしてください。
https://chrome.google.com/webstore/detail/vysor/gidgenkbbabolejbgbpnhbimgjbffefm?hl=ja

そうすると、Windowsのスタートボタン→Chromeアプリ→Vysorで起動できます。

9.Vysor Proの購入
Vysorを起動させると、一番上のほうに「Choose a Device」って項目があり、まだUSBケーブルは入ったままであれば、Oculus Goのシリアル番号が出ているはずです。
そうしたら、右の方に歯車のアイコンがあるはずなので、それを押します。


そして、でてきた縦長のウインドウのなかにある「Fullscreen Mode」のチェックを入れると、「Vysor Proを買ってね」みたいなウインドウがでてきます。

ここは迷わず買っちゃってください。monthly(月間)ライセンスでもAnnual(年間)ライセンスでもいいと思います。
GoogleアカウントにPaypalとかの登録をしていたりすると、すぐ購入できると思います。

購入したら、あらためて、「Fullscreen Mode」にチェックを入れ、「Save」ボタンを押すと、VysorでミラーリングさせたOculus Goの画面をフルスクリーンで表示できるようになるはずです。
まあ、こんな画面なんで、感動は薄いかもしれませんが(苦笑)


10.ワイヤレスで接続
先ほどのように「Vysor Pro」ってウインドウを開いたら、今度はGo Wirelessのボタンを押します。

そうすると、次のようなウインドウが右下に出てきます。
Vysor is connected wirelessly. You may disconnect your deviceって書かれています。


いよいよUSBケーブルをはずします。
そうすると、次のような画面がでてきます。


そこで「Settings」という文字の上にあるアイコンを押すと「Connect to Network Device (adb connect)」ってウインドウがでてきます。




そしたら、「Connect」ボタンを押すと次は、少し画面の記載内容が変わっているはずです。なんかエラーがでたりすることもありますが、諦めず何度かやってみるとけっこううまくいきます。



で、緑色の「View」ってボタンを押してくれればOK。ワイヤレスで接続できるようになると思います。

11. 次回以降の起動方法
一度、Windowsのシステムをシャットダウンすると、ネットワークの設定が消えてしまいます。
そのため、起動したら、Oculus GoとUSBケーブルで接続し、再び以下の2つを入力します。

・adb shell ip addr
・adb tcpip 5555

そうすると、再度正しく接続されるので、10.で記載したVysor Proでのワイヤレス接続の手続きをすれば、再びWindowsマシンにミラーリングできるはずです。

いかがだったでしょうか。
細かいことははしょってざっと書いてしまったので、理屈までは分かりづらいとは思いますが、ひととおりの手順は書いてあります。
Oculus Goで児童や生徒さんに体験してもらう一助になれば幸いです。
それでは!

※2018年7月5日に一部改訂

2018年6月29日金曜日

忙しい夏の幕開け!

皆さんこんにちは、11期生の中島絵美花です。

関東もついに梅雨明けが発表され、今日も真夏のように暑かったですね。
6月なのに早くも30度を超える気温に、早くも夏バテになってしまいそうです…
でも、今年の夏はそんなことを言っている余裕はありません!!
なぜなら、卒業研究で大忙しになりそうだからです。

私の卒業研究は、熊崎のブログでも紹介がありましたが、熊崎、関屋、専修大学の松本君と一緒に4人で行います。
昨年末の仙台プレゼンテーション大会や、今年2月の仙北インパクトチャレンジでお世話になった、株式会社わらび座様にご協力いただけることになりました。
今までの活動でもそうですが、まさか卒業研究でもお世話になるとは、本当にありがたい限りです。
内容は、演劇などの芸術にIT技術を使うといったものです。
そこで、映像部分をプロジェクションマッピングを使用するので、映像技術に詳しい松本君にいろはを教えてもらいながら進めています。
まずは絵コンテを完成させなければならないのですが、そのためには現地の詳細な情報が必要になります。
この情報の部分を、私たちが仙台プレゼンバトルでの活動からカバーし、足りない情報はまた新たに取り入れています。
しかし、仙台プレゼンバトルでも感じたのですが、芸術とIT技術にの組み合わせは難しく、論文検索をしても出てきません。
正解例のない取り組みを成功させるためにも、8月の夏休みに現地で実践ができるように、気合を入れて頑張らなくてはなりません。
バテている暇も無いほどに…(笑)


そして、もう一つの夏の活動で、iphoneケース展に参加させていただくことになりました。
去年も参加したのですが、その時は私の好きな料理を題材に作りました。
今年はまだどんな作品にしようか決まっていないのですが、私らしい作品を作りあげていきたいです。


最後に、最近の研究室の様子を報告して終わりたいと思います。
こういう写真を撮るのは久しぶりでなんだか新鮮に感じました。
まず目に入るのが大量のお菓子ですが、現在コザカイ組では煎餅が大人気で、みんなで活動しながらバリバリ食べています(笑)
鈴木はアトリエでYoutubeの収録のため不在ですが、非常に和やかなムードです。

それでは、また!

2018年6月23日土曜日

アレから1年

こんにちは、11期生 関屋です。

 春学期の授業も終盤に差し掛かってまいりました。去年の今頃はビジネスコンテンツの授業に悩まされていました。笑
 今年も3年生が小酒井先生にアドバイスを求めてちらほら研究室に訪ねて来ています。今年はキャリアとコミュニケーションの受講者が力丸先生にアドバイスを求め、給料日のATMのごとく列ができていました。笑
 去年の春学期はまだ小酒井ゼミに所属しておらず、小酒井先生に恐怖を抱いていたため、あまり積極的に相談にいけませんでした。今年の3年生の相談の様子を見ていると問題点や足りない点など見えてくるものがあり、ビジコンや東北プレゼンバトルでの経験が少しは、身についているのかと実感できました。 
今年は「竹箸を日本と世界の箸の定番に!」というテーマで玉川大学のビジコン優勝チームを含めた6大学+アルファでプレゼンバトルが行われます。
専修大学、多摩大学、東北工業大学、東京国際大学、麗澤大学、Extra
Entryとして東京都立晴海総合高校の各大学、高校から選抜チームが参加し、プレゼンを行います。
 プレゼン大会に向けて、他大学の学生、高校生は株式会社ヤマチク(熊本県)に実際に足を運んでいました。受講者と他大学の学生のビジネスプランにどのような差ができるか楽しみです。また、Extra Entryの高校生チームのビジネスプラン、プレゼンテーションも楽しみの一つです。
 そんな6大学+アルファのプレゼンテーション大会が7月14日(土)に開催されます!玉川大学の駅から一番近く、一番キレイな新校舎で行われますので、是非足をお運びください!

参考URL
株式会社ヤマチク(http://www.hashi.co.jp/)


2018年6月17日日曜日

新環境できました!

みなさんこんにちは。
11期生の鈴木です。


1年も半分近くが過ぎて、同期でも内定をもらった子が少しずつ出始めてうれしいこともあれば、なかなか内定がもらえずに就活の辛さを話してくる子もいて感情の起伏が激しい期間が続いています。
(自分は何とかアルバイト先での就職が決まりました!)


現在は卒論のテーマ模索とYouTuber活動に力を入れていてタイトルにもある通り、新環境ができました!
今までは自宅で撮影や編集を行っていましたが、先生と相談をして撮影場所にアトリエをお借りすることができました。
先生のFacebookで投稿された侵略したYouTuberです(笑)




撮影が本格的に活動して使える喜びで撮影環境の写真を撮るのを忘れちゃいました・・・


完全に一人の空間で集中して撮影に臨めるので研究室にいる時間が少し伸びた気がします(笑)
自分の趣味を研究に活かせる喜びと同時に本格的に研究に取り掛かるという気持ちでこれからの活動にも取り組んでいこうと思います!


それでは!